【Java入門】変数の初期化について分かりやすく解説!

今回は、Javaの変数の初期化についての内容になります。

変数の初期化を行う事で、コードを簡略化する事ができますので、分からない方はこの記事を読んで学んでみませんか?

最後まで読んで頂けると幸いです!

では、Javaの変数の初期化について解説していきます!

変数の初期化とは?

下記のコードを見てみましょう!

型名 変数名 =;

上記のコードを記述する事で、変数の初期化を行う事ができます。

変数の初期化とは、変数の宣言と代入を同時に行うことを言います。

変数の初期化を行うことで、通常なら変数の宣言と変数に代入で1行ずつ分けて記述する必要がありましたが、1行で変数の宣言と代入を同時に行う事ができるため、コードの簡略化を行う事ができます!

では、変数の初期化については理解する事ができましたが、実際にどのように記述するのでしょうか?

次の内容では、変数の初期化の記述方法について解説していきます!

変数の初期化の書き方

下記のコードを見てみましょう!

String hello = "こんにちは!";
System.out.println(hello);
// 出力結果 こんにちは!!

上記のコードが変数の初期化を行う例になります。

上記のコードのように、「String hello」の記述で変数の宣言を行い、「hello = “こんにちは!”」で変数の代入を行っているのが分かります!

まとめ

いかがでしたか?

今回の内容はJavaの変数の初期化について解説させて頂きました。

プログラミングを行う際にほとんどの方が変数の初期化を行いますので、覚えておくと便利だと思います!