【Java入門】変数の上書きを行う方法について解説

今回は、Javaの変数の上書きを行う方法についての内容になります。

変数の値を変更したい際に変数の上書きを使用しますので、分からない方はこの記事を読んで学んでみませんか?

また、変数について分からないは、下記の記事で解説していますので、良ければ読んでみて下さい!

最後まで読んで頂けると幸いです!

では、Javaの変数の上書きについて解説していきます!

変数の上書きとは?

下記のコードを見てみましょう!

変数名 =;

上記のコードが変数の上書きになります。

記述方法は変数の代入と同じです。

なので、「変数名」の部分はすでに変数の宣言が行われているものしか指定する事ができません!

では、変数の上書きについては理解する事ができましたが、実際にどのように記述するのでしょうか?

次の内容では、変数の上書きの記述方法について解説していきます!

値を変更する書き方

下記のコードを見てみましょう!

String hello = "こんにちは!";
System.out.println(hello);
// 出力結果 こんにちは!
hello = "おはようございます!";
System.out.println(hello);
// 出力結果 おはようございます!

上記のコードのように記述する事で、変数の上書きを行う事ができました!

1行目では、「こんにちは!」という値を持つ変数を定義していますので、2行目では、「こんにちは!」が出力されました!

4行目では、変数の上書きが行われていますので、値が「こんにちは!」から「おはようございます!」に変更されたため、5行目では、「おはようございます!」が出力されています!

これが変数の上書きになります!

まとめ

いかがでしたか?

今回の内容はJavaの変数の上書きを行う方法ついて解説させて頂きました。

変数の上書きは、開発中必ず使用すると思いますので、是非活用してみて下さい!