【Julia入門】三項条件演算子を使った条件分岐について解説

今回は、Juliaで三項条件演算子を用いたelse文についての内容になります!

if文を1行でまとめることができるものになりますので、分からない方はこの記事を読んで学んでみませんか?

また、if文について分からない方は、下記の記事で解説していますので、良ければ読んでみてください!

最後まで読んで頂けると幸いです!

では、Juliaで三項条件演算子を用いたelse文について解説していきます!

三項条件演算子について

三項条件演算子は「else」文を省略したものになります。

下記のコードが三項条件演算子の指定方法になります!

条件式 ? 条件が一致した時の処理内容 : 条件が一致しなかった場合の処理内容

では、上記のコードについて解説していきます!

まず初めに条件式を記述し、「?」の後に条件が一致した際の処理を記述し、「:」の後に条件が一致しなかった際の記述を行います。

このように記述することで、「else」文を一文に省略することができます!

また、else文については下記の記事でわかりやすく解説していますので、良ければ読んでみて下さい!

では、三項条件演算子については理解できたと思いますので、次の内容で、三項条件演算子を使用した例文を用いて解説していきます!

三項条件演算子を用いた例

では下記のコードを用いて実際に三項条件演算子の記述方法について解説していきます!

number = 1000
number > 500 ? println("numberの値は500よりも大きいです。") : println("numberの値は500以下です。")
# 出力結果 numberの値は500よりも大きいです。

では、上記のコードについて解説していきます!

まず1行目で、変数numberに1000を代入しています。

2行目が三項条件演算子になり、条件に対して「number > 500」と指定しています。

numberの値は1000と指定していますので、条件式に一致しているため「?」の後の処理が実行され「numberの値は500よりも大きいです。」が出力されました。

このように、三項条件演算子は使用します!

まとめ

いかがでしたか?

今回の内容はJuliaで三項条件演算子を用いたelse文について解説させて頂きました。

コードの簡略化を行う事ができますので、覚えておくと便利だと思います!