【Python入門】range関数でfor文を使う方法について

今回は、Pythonでrange関数でfor文を使用する方法についての内容になります!

様々な活用方法がありますので、分からない方はこの記事を読んで学んでみませんか?

また、for文について分からない方は、下記の記事で解説していますので、良ければ読んでみて下さい!

最後まで読んで頂けると幸いです!

では、range関数でfor文を使用する方法について解説していきます!

range関数について

range関数は、処理の回数を指定することができるものです。

このrange関数をfor文に使用することで、繰り返し処理の幅を広げる事ができます!

下記のコードがrange関数を用いたfor文の指定方法になります!

for 変数 in range():
    処理内容

では、上記のコードについて解説していきます!

range関数は、inの後に指定します。

range関数の()内に指定した値が変数に代入し2行目の処理内容を行います。

これがrange関数を用いたfor文の指定方法になります!

次の内容で、range関数を用いたfor文の実装方法について解説していきます!

実装方法

下記のコードがrange関数を用いたfor文になります!

for value in range(5):
    print(value)
# 出力結果 0
# 出力結果 1
# 出力結果 2
# 出力結果 3
# 出力結果 4

では、上記のコードについて解説していきます!

1行目のfor文にはrange関数の()内に「5」と指定しています。

これは、0から4までの値を使用する事ができます。

range関数の値の0から順に変数valueに代入し、2行目の処理内容行うため0から4までの値が出力されました!

これが、range関数になります!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、range関数でfor文を使用する方法について解説させて頂きました。

処理内容の幅が広がりますので、ぜひ活用指定みて下さい!

また、range関数の様々な活用方法は下記の記事で解説していますので、良ければ読んでみて下さい!