【Python入門】型変換をする方法を分かりやすく解説

今回は、Pythonの型変換をする方法についての内容になります!

様々な活用をする事ができますので、分からない方はこの記事を読んで学んでみませんか?

また、変数についてわからない方は、下記の記事で解説していますので、良ければ読んでみて下さい!

最後まで読んで頂けると幸いです!

では、変数の型変換をする方法について解説していきます!

型変換について

型変換とは、値のデータ型を変換する事を言います。

まずは、下記のコードをみてみましょう!

number = 10
print("numberの値は" + number + "です。")
# エラー

では、上記のエラーについて解説していきます!

1行目では、変数numberに10を代入し、2行目で出力するとエラーができました!

このエラーの理由は、文字列の中に変数numberの値の10という数値型が入っているからです。

Pythonでは、異なった型を組み合わせる事ができませんので、変数numberの値を文字列型に変換する必要があります。

では次の内容で、実際に型変換をする方法について解説していきます!

実装方法

下記のコードが型変換の実装方法になります!

number = 10
print("numberの値は" + str(number) + "です。")
# numberの値は10です。

では、上記のコードについて解説していきます!

まず2行目の出力を見ると、変数numberがstr()で囲まれています。

このstr()は、値を文字列に変換するものなので、変数numberの値の10が数値方から文字列型に変換されました!

これで、出力の()ないが全て文字列になったため、「numberの値は10です。」が出力結果として表示する事ができました!

また、下記のコードの例も見てみましょう!

number = "10"
print(int(number) + 10)
# 出力結果 20

では、解説していきます!

まず1行目を見ると、変数numberの値が文字列の10なっているため、2行目で変数の計算を行う場合は変数numberの値の型を数値型から文字列型に変換する必要があります!

数値型に変換する際に使用するものがint()で、これを指定する事で値を数値型に変換する事ができます。

なので、2行目の変数numberの値が文字列から数値に変換したため、「10 + 10」の計算が行なわれ、「20」が出力されました!

このように、型変換をする事ができます!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、変数の型変換をする方法について解説させて頂きました。

開発の際にもよくし使用しますので、覚えておくと便利です!