【Rust入門】for文を用いた繰り返し処理について

今回は、Rustのfor文を用いた繰り返し処理についての内容になります!

少ない行で簡単に処理を実行することができますので、分からない方はこの記事を読んで学んでみませんか?

最後まで読んで頂けると幸いです!

では、Rustのfor文で繰り返し処理を行う方法について解説していきます!

繰り返し処理のfor文とは?

まずは、for文をどのように使用するのかが分からない方も入ると思いますので、下記のコード用いて解説していきます!

for  変数名 in 開始値..終了値

では、上記のコードについて解説していきます!

また上記のコードでは開始値と終了値の違いが分からない方もいると思いますので、次の内容ではfor文を用いた例について解説していきます!

for文を用いた例

では、下記のコードで実際にfor文を用いた例を解説していきます!

fn main() {
for number in 0..10 {
println!("{}", number + 1);
}
}
// 出力結果 0
// 出力結果 1
// 出力結果 2
// 出力結果 3
// 出力結果 4
// 出力結果 5
// 出力結果 6
// 出力結果 7
// 出力結果 8
// 出力結果 9
// 出力結果 10

では、上記のfor文を用いた例について解説していきます!

上記のコードでは開始値の0で終了値を10と指定しています。

これは、0から10までの値を1ずつ追加して出力するといったものになります。

なので、出力結果は「0」「1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」「9」「10」が出力されました。

まとめ

いかがでしたか?

今回の内容はRustのfor文を用いた繰り返し処理について解説させて頂きました。

誰でも簡単に使用できるプログラムだと思いますので、覚えておくと便利だと思います!