ビッグワードとは?上位表示に関するメリット・デメリットについて解説

今回は、ビッグワードについての内容になります!

ビッグワードを学ぶことでキーワード選定の材料となりますので、分からない方はこの記事を読んで学んでみませんか?

ビッグワードを深く学ぶためには、「ミドルワード」、「スモールワード」の記事が参考になると思いますので、宜しければご覧下さい!

最後まで読んで頂けると幸いです!

では、ビッグワードについて解説していきます!

ビッグワードとは?

ビッグワードとは、検索ボリュームが多いキーワードのことを指しています。

ビッグワードは、主に1語のワードを指しており、何回以上の検索数からビッグワードという基準で判断されているわけではありません!

基本的に、ビッグワードを選定してから、ロングテールキーワードで戦略を練っていくケースがほとんどだと思います!

これで、ビッグワードについて理解できたかと思います!

次の内容では、ビッグワードの上位表示に関するメリット・デメリットついて解説していきます!

上位表示に関するメリット・デメリット

下記で、ビッグワードの上位表示に関するメリット・デメリットについて解説していきます!

メリット

流入が増加する

ビッグワードには、大きな検索ボリュームがあるので、ユーザーの大幅な流入を期待する事ができます!

トラフィック数の増加により、ユーザーとの接点が増え、認知度が高まります!

その結果、長期的な戦略を考えることも可能になります!

売り上げの増加

ビッグワードには、大きな検索ボリュームがあるので、ユーザーの大幅な流入を期待する事ができます!

トラフィック数の増加により、ユーザーとの接点が増え、認知度が高まります!

その結果、長期的な戦略を考えることも可能になります!

デメリット

時間・お金がかかる

ビッグワードには強大な競合が多いのですぐに上位表示するというケースはほぼないと考えるべきです。

そして、上位表示のためにコンテンツの質を高める事が求められるのでそのための施策に時間もお金もかかる場合が多いです!

更に、時間・お金を使用しても結果が出ない可能性も充分にあります!

ニーズの違いからコンバージョンに繋がらない

ビッグワードはその範囲の広さからニーズが多様化しています。

例えば、「野球」というキーワードで調べてもその人が「プレーをしたいのか、観戦をしたいのか」などターゲット層が一定ではありません。

そのため、自身の提供している価値にニーズが噛み合っていないユーザーが多く訪問することとなります! 結果として、コンバージョン率の低下は避けることはできません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ビッグワードについて解説させて頂きました。

ビッグワードは、ミドルキーワード・ロングテールキーワードと合わせて学んで頂くのが良いかと思いますのでまとめて覚えてみて下さい!